Nobu

Happy Making / ウクレレ自作 Vol.8

Home » BLOG » DIY » Happy Making / ウクレレ自作 Vol.8
Decrease Font Size Increase Font Size Text Size Print This Page

前回でフレット打ちまで終わり、ようやくウクレレの形が見えてきた。
ここまでできればあと少しのように見えるけど、ペグ製作→フレットすり合わせ→ナット&ブリッジ調整→塗装→最終調整→出来上がり、とまだ先が長い。でも、早く音を出してみたくて今回は弦を張るところまで進めた。

まず、弦を巻き上げるペグを旋盤で作る。角材を丸棒にして

おおよそ、丸くなったら

こんな感じで、テーパーの太い径の約10.5ミリまで削る。

ノギスでテーパーの細い径の約8.5ミリまで削って、テーパー加工をする。ここできっちり寸法を出さないとペグがきつすぎたり、ゆるすぎたりしてしまうので慎重に作った。

ペグが出来上がったら

サンダーで握りの部分を平らに加工して

弦を通す穴をボール盤であけて、軽くサンディングして完成。

ウクレレは普通4弦だけれど、今回はもう一本ベース弦を加えて5弦仕様にしてみた。追加のベース弦はヘッドの表側からペグを挿して、ペグの頭は小鳥の形にした。ウクレレ製作開始時にウクレレの参考図面をネットで調べていたときに、こちらのCRANEさんのホームページで無料配布しているのを見つけて、それが5弦仕様だったので同じように作ってみた。CRANEさん勝手に拝借しました、ありがとうございます。

とりあえず弦を張ってみて、ポロン♪ポロン♫弾いてみた。本物のウクレレを弾いたことが無いので良くわからないけれど、自分で作ったものから音が出るとやっぱりうれしい。

サウンドホールの中に焼印を押して、何となくそれなりの楽器っぽくなってきた。
早くTamに色を決めてもらわないと。

ウクレレ自作 Vol.1
ウクレレ自作 Vol.2
ウクレレ自作 Vol.3
ウクレレ自作 Vol.4