Nobu

Louis Kahn / 1971 AIA Gold Medal Speach

Home » BLOG » BOOKS » Louis Kahn / 1971 AIA Gold Medal Speach
Decrease Font Size Increase Font Size Text Size Print This Page

ルイ ・カーンまたはルイス・カーン(Louis Kahn)、アメリカの建築家。

20世紀を代表する巨匠です。その彼が晩年にAIA ゴールドメダルを受賞したときのスピーチを紹介したいと思います。スピーチの内容が結構難解なので和訳するのに苦労しました。こういうものは原文で読むのが一番だと思いますが、私のつたない和訳と合わせて読んでもらえればと思います。

日本のAnimismがベースにある建築観とは全く違う、西洋的な建築観の成り立ちを「部屋」、「道路」、「人間の合意」の3つをキーワードに語っています。ルイ・カーンの建築に対する純粋さが伝わってくる力強いスピーチです。

巨匠らしからぬその最期は、1974年、ニューヨークのペンシルヴェニア駅の便所で心臓発作で死亡、そして死後3日間も身元不明のままだったそうです。死亡時、彼が残したものはすばらしい建築作品と借金でした。

以下、和訳です。

———-

The Room, the Street and Human Agreement

部屋、道路、そして人間の合意

I have some thoughts about the spirit of architecture. I have chosen to talk about the room, the street and human agreement.

私は建築の精神についてある考えがあり、これからその部屋、道路、そして人間の合意についてお話してみようと思います。

The room is the beginning of architecture.

建築は部屋からはじまります。

It is the place of mind.

それは、心の居場所です。

You in the room with its dimensions, its structure, its light responds to its character, its spiritual aura, recognizing that whatever the human proposes and makes becomes a life.

その大きさ、構造、光から成る部屋で、あなたはその部屋のキャラクター、超自然的オーラに反応し、そこで人間が何かを計画し作ることそのすべてが生活であることに気づくでしょう。

The structure of the room must be evident in the room itself. Structure, I believe is the giver of light. A square room asks for its own light to read the square. It would expect the light either from above or from its four sides as windows or entrances.

構造は、その部屋とあらんとする証です。構造は光を生み出す存在です。四角い部屋はその光によって自らを四角と認めるでしょう。その光は上から、もしくは窓や入り口などの4面から入ってきます。

Interior view of the Pantheon – Giovanni Battista Piranesi

Sensitive is the Pantheon. The non-directional room dedicated to all religions has its light only form the oculus above, placed to invest the room with inspired ritual without favoritism. The entrance door is its only impurity. So powerful was this realization of appropriate space that even now the room seems to ask for its release to its original freedom.

パンテオン(神殿)はセンシティブである。このすべての信仰へ捧げられた無方向な部屋は、天井のドームの丸窓から唯一光が差し、えこひいきの無いすばらしい儀式のための場所となるのです。エントランスだけが不浄な存在です。この場所の存在自体とても強力であり、今でさえその部屋がその本来の自由への開放を求めているようだ。

Of the elements of a room, the window is the most marvelous. The great American Poet, Wallace Stevens prodded the architect asking, “What slice of the sun enters your room?” What range of mood does the light offer from morning to night, from day to day, from season to season and all through the years?

部屋の中で一番すばらしいのは、窓である。偉大なアメリカの詩人、Wallace Stevens、は建築家にこう問います。「あなたの部屋にどのような太陽の一切れが入りますか?」 年を通して、季節ごと、日々、朝から晩までどのような雰囲気の光が入りますか?

Rooms By The Sea – Edward Hopper

Gratifying and unpredictable are the permissions that the architect has given to the chosen opening on which patches of sunlight play on the jamb and sill and that enter, move and disappear.

建築家が、太陽の光を窓柱や敷居によって「入」、「動」、「消」を紡ぐ、そのオープニングを決めるられることは、満足に足ることでもあり、予測不能なことでもある。

Stevens seems to tell us that the sun was not aware of its wonder until it struck the side of a building.

Stevensが我々に伝えているであろうことは、太陽は自らが建物の側面に当たるまでその不思議な驚きに気づかない、ということ。

Enter your room and know how personal it is, how much you feel its life. In a small room with just another person, what you say may never have been said before. It is different when there is more than just another person. Then, in this little room, the clarity of each is so sensitive that the vectors do not resolve. The meeting becomes a performance instead of an event with everyone saying his or her lines, saying what has been said many times before.

部屋に入ると、そこが個人的であり、その生活を敏感に感じ取っていることに気づく。小さな部屋に2人きりでいたなら、今まで口にしなかったであろうことを言うでしょう。他にも人がいたならそうはならないはずです。そして、その小さな部屋では、みんなのベクトルが分解し決着しないほどセンシティブです。そこでのミーティングは参加者自身の言葉で交わされる予期せぬものを含んだ出来事ではなく、幾度無く繰り返し言われてきたことを言い合うただのパフォーマンスとなるでしょう。

Still, in a large room, the event is of commonality. Rapport would take the place of thought.

大きな部屋でさえ、そのイベントはありふれたものになる。確かな信頼関係が思考へと繋がります。

This room we are in now is big, without distinction. The walls are far away. Yet I know if I were to address myself to a chosen person, the walls of the room would come together and the room would become intimate. If I were now reading, the concern would be diction.

今、私たちはこの大きな特徴の無い部屋にいます。壁は遠くにあるが、もしも私が誰かに自分の考えを伝えようとしたなら、その壁は一緒に集まり、部屋は親密度を増すでしょう。もし、私が読み上げているのなら、言葉遣いや話し方が重要になるでしょう。

If this room were the Baptistery of Florence, its image would have inspired thoughts in the same way as person to person, architect to architect. So sensitive is a room.

もし、この部屋がフローレンスの洗礼堂だったなら、その空間が人々に色々な考えを与えてきたはずであろうのと同様に建築家にも与えるはずだ。部屋はとてもセンシティブである。

The plan is a society of rooms. The rooms relate to each other to strengthen their own unique nature. The auditorium wants to be a violin. Its envelope is the violin case. The society of room is the place where it is good to learn, good to work, good to live.

設計図は、部屋の集合体である。部屋は互いに影響し合い自らの個性を強くする。公会堂はバイオリンであり、その外観はバイオリンケースだ。部屋の集合体は、良き学びの場であり、良き働きの場であり、そして良き生活の場である。

Open before us is the architect’s plan. Next to it is a sheet of music. The architect fleetingly reads their composition as a structure of elements and spaces in their light.

建築家の図面は私たちの前に開かれている。その隣には楽譜がある。建築家は光が当たるスペースとその構造のコンポジションを一瞬で読み解くでしょう。

The musician reads with the same overallness. The musician’s composition is a structure of inseparable elements and spaces in sound. A great musical composition is of such entity that when played it conveys the feeling that all that was heard was assembled in a cloud over us. Nothing is gone, as though time and sound have become a-single image.

音楽家も同様に全体観を読み解く。音楽家のコンポジションとは、不可分な要素とスペースの音による構築である。すばらしい楽曲とは、それが演奏されたときに、雲の中ですべての音が組み上げられたような感じを与えてくれるものです。時と音が、あたかも一枚の写真のように消えることなく残るのです。

The corridor has no position except as a private passage. In a school, the girl walks across a hall as in her own classroom where she is her own teacher, observing others as others do. The hall asks for equal position with the library.

廊下はただ私的な通路としての役割にのみ存在する。学校では、女の子は、彼女自身が先生であるかのごとく、その他みんながするようにお互いを観察している教室みたいに、廊下を横切る。廊下は図書館と同様のポジションを要求する。

The society of rooms is knit together with the elements of connection which have their own characteristics.

部屋の集合体とは、それぞれの個性が繋がったそれら要素を一緒に編み合わせることだ。

The stair is the same for the child, the adult and the old. It is thought of as precise in its measures, particularly for the young boy who aspires to do the floors in no time flat, both up and down. It is good also to consider the stair landing as a place to sit near a window with possibly a shelf for a few books. The old man ascending with the young boy can stop here, showing his interest in a certain book and avoid the explanations of infirmity. The landing wants to be a room.

階段は子供にも大人にも老人にも同じな存在である。彼らの基準では、それは必ず等分に作られていると考えられ、特に急いで上がったり下がったりする男子にとってはことさらである。また、階段面は、棚として数冊置かれているであろう窓付近に腰掛けられる場所としての可能性がある。若者と一緒に階段を上っている老人はここで立ち止まり、本の話をするふりをして小休止できる。階段面は部屋になりうるのである。

A bay window can be the private room within a room. A closet with a window becomes a room ready to be rearranged. The lightless corridor, never a room, aspires to be the hall overlooking the garden.

出窓は部屋の中の個人的な部屋になりうる。窓付きのクローゼット再びアレンジを待つ部屋になりうる。しかし、部屋には決してなり得ない光の無い廊下は、庭を見渡す空間になることを強く望んでいる。

Domus 548 / July 1975 page details.

The library, the work court, the rooms of study, the place of meeting want to group themselves in a composition that evokes architecture. The libraries of all university schools sit well in a court entrance available to all its students as a place of invitation. The entrance courts and their libraries and the gardens and paths knitting there together form an architecture of connection. The book is an offering of the mind.

図書館、作業用の空間、勉強用の部屋、ミーティング用の場所は、建築を形作るコンポジションの上で一つのグループとして括ることができる。多くの大学の図書館は、すべての学生を受け入れようとその玄関口に良い具合に置かれている。その玄関口と図書館と庭と通路は、繋がりの建築として一緒に編みこまれ、そして形作られる。

The work court of a school of architecture is an inner space encircled by workshops available to construct building experiments. The rooms of study and criticism are of a variety of dimension and spaces in their light, small for the intimate talk and work, and large for the making of full-size drawings and group work.

建築学科の作業空間とは、建築的実験を行うことができる作業場を含む精神的空間である。勉強や講評のための部屋はその大きさや空間は光を含め様々であり、親密な会話や作業には小さい空間が、実寸図面を描くときやグループワークには大きい空間が適当である。

Rooms must suggest their use without name. To an architect, a school of architecture would be the most honored commission.

部屋は、その用途を明示すること無しに、それ自身が伝えていなくてはならない。建築家にとって、建築学科棟の設計依頼は最高の栄誉です。

The street is a room of agreement. The street is dedicated by each house owners to the city in exchange for common services.

道路とは、合意を基とする部屋である。道路とは、家の所有者が共益のサービスを享受する代わりに都市に捧げたものである。

Dead-end streets in cities today still retain this room character. Through-streets, since the advent of the automobile, have entirely lost their room quality. I believe that city planning can start with realization of this loss by directing the driver and to reinstate the street where people live, learn, shop and work as the room out of commonality.

今日ではその特徴は袋小路の道路にのみ残されている。車社会が始まって以来、通行道路はその部屋としての価値をすっかり無くしてしまった。運転者を管理することでその損失を認識することからはじめ、道路が人々の生活、学び、買い物、そして仕事をする特異な部屋としての役割を復権する都市計画が可能であると私は信じている。

Today, we can begin by planting trees on all existing residential streets, by redefining the order of movement which would give these streets back to more intimate use which would stimulate the feelings of well-being and inspire unique street expression.

今、私たちにできることはすべての住宅街の道路に樹木を植え、唯一無二な道路を生み出し、幸福感に満ちた親密な用途であった過去の道路を復活させるため、そこでの活動の順位を再定義することから始めることができます。

The street is a community room.

道路とは地域の集会部屋である。

The meeting house is a community room under a roof. It seems as though one came naturally out of the other.

集会所とはこれに屋根が付いたものである。これはあたかも一方から自然にできたようだ。

A long street is a succession of rooms given their distinction, room for room, by their meeting of crossing streets. The intersecting street brings from afar its own developed nature which infiltrates any opening it meets. One block in a stream of blocks can be more preferred because of its particular life. One realizes the deadlines of uninterested movement through our streets which erases all delicacy of character and blots out its sensitive nature given to it of human agreement.

長い道路とは、横断というミーティングによって特徴付けられた部屋の連続である。交差点とは、そこで出会う全ての機会を浸透させるそれ自体の発達した機能を遠くより自ら運んでくる。街区の連続の中の一つの街区は、その独自の使命ゆえによりふさわしい。すべての個性を消し、そして「人間の合意」に与えられたその繊細な機能を完全に破壊するような道路を通るとき、人は自分自身の無関心さ気づくだろう。

Human agreement is a sense of rapport, of commonness, of all bells ringing in unison – not needing to be understood by example but felt as an undeniable inner demand for a presence. It is an inspiration with the promise of the possible.

「人間の合意」とは、絶対的信頼、共通認識、全ての鐘がユニゾンしているような共感を含んでいる。それは何か例えによって理解するものではなく、内から湧き起こる抑えられないその存在への求めとして感じるものである。

Dissension does not stem from need but from the mad outburst of frustration, from the hopelessness of the far-awayness of human agreement. Desire, not need, the forerunner of the new need, out of the yet not said and the yet not made seems to be the roots of hope in dissension.

意見の衝突は要求から生じるものではなく、欲求不満の爆発や人間の合意から程遠いと感じる絶望感によって生じる。欲求(必要なものとしてではなく)つまりまだ語られていない、また作られていないことから生まれる新しい要求の前兆は、意見の衝突による不和の中の希望の根っこなのではないか。

How inspiring would be the time when the sense of human agreement is felt as the force which brings new images. Such images reflecting inspirations and put into being by inspired technology. Basing our challenges on present-day programming and existing technologies can only bring new facets of old work.

「人間の合意」の意義を、新しいイメージを生む力として感じられるときが来たならなんてすばらしいだろう。そのようなイメージはインスピレーションを映し出し、それに感化されたテクノロジーによって具現化される。旧来の仕事の中で新しい見方は、今のプログラミングや既存のテクノロジーへのチャレンジを基礎としてのみ実現される。

The city from a simple settlement became the place of the assembled institutions. The settlement was the first institution. The talents found their places. The carpenter directed building. The thoughtful person became the teacher, the strong one the leader.

都市は単に定住する場所から、「公共の場」の集合体としての場所となった。定住とは最初の「公共の場」であった。そこでは様々な才能が集まり、大工は建物を建て、思慮深い人は先生になり、強いものはリーダーとなった。

When one thinks of simple beginnings which inspired our present institutions it is evident that some drastic changes must be made which will inspire the re-creation of the meaning, city as primarily an assembly of those places vested with the care to uphold the sense of a way of life. Human agreement has always been and will always be. It does not belong to measurable qualities and is, therefore, eternal. The opportunities which present its nature depend on circumstances and on events from which human nature realized itself.

ある者が今日の「公共の場」を発生させたような一歩を踏み出そうと考えたとき、その意味を再び創造するような劇的な変化が必要なのは明白であり、人間の理想の生き方を守る力を持った場所の集まりである都市も然りである。「人間の合意」は今までもそうあり続けたし、これからもそうであろう。それは計測可能な性質のものではなく、ゆえに不変であると言える。その劇的変化を引き起こすには、人が自分の人間性を理解する環境や出来事が不可欠である。

A city is measured by the character of its institutions. The street is one of its first institutions. Today, these institutions are on trial. I believe it is so because they have lost the inspirations of their beginning. The institutions of learning must stem from the undeniable feeling in all of us a desire to learn. I have often thought that this feeling came from the way we were made, that nature records in everything it makes how it was made.

都市とは、その「公共の場」によって作られる。道路とはその最初の「公共の場」の一つである。今日、これら「公共の場」はその力を失った。なぜなら、その発生を促す動機を失ってしまったからだと私は信じている。「学びの場」は、全ての人間が持っている「学びたい」という欲求から生れなくてはならない。この欲求は人間生来の性質であり、自然が万物の中に、それらがどのように作られたか記録していることと同じではないかとしばしば考えている。

This record is also in humanity and it is this within us that urges us to seek its story involving the laws of the universe, the source of all material and means, and the psyche which is the source of all expression. Art.

この記録は人類も同様に、森羅万象の法則、全ての素材や製法、また全ての表現の源である心理などを捜し求めて理解しようとする我々の中にも存在する。それがArt。

The desire to learn made the first school room. It was of human agreement. The institution became the modus operandi. The agreement has the immediacy of rapport, the inspiring force which recognized its commonality and that it must be part of the human way of life supported by all people.

学びの欲求が最初の学校の教室をもたらした。それは、「人間の合意」に基づいたものだった。その「公共の場」はごく自然なものとなった。親密さやお互いの共通点を見出す力は、その合意によってもたらされる。そして、それは全ての人が思う人間生活の一部に違いないでしょう。

The institution will die when its inspirations are no longer felt and when it operates as a matter of course. Human agreement however, once it presents itself as a realization is indestructible. For the same reason a person is unable to work below their level of comprehension. To explain inspiration, I like to believe that it is the moment of possibility when what to do meets the means of doing it.

インスピレーションが感じられなくなり、そして当たり前のことになってしまったら、その「公共の場」は死に至るだろう。人間の合意は、しかしながら、一度合意に達したなら、永遠のものとなる。同様に人はそれぞれに共同理解のない仕事はできない。成すべき事の中にそれを達成する意味を発見する瞬間がインスピレーションであると私は信じています。

City planning must begin to be cognizant of the strength and character of our present institutions and be sensitive to the pulse of human relationship which senses the new inspirations which would bring about new and meaningful institutions. Traffic systems, sociological speculations, new materials, new technologies are servants to the pulse of human rapport which promises revelations yet not felt but in the very core of human desires.

都市計画とは、今ある「公共の場」の特性や強みをよく認識することから始めなければならない。そして、新しく意義深い「公共の場」をもたらすであろう新たなインスピレーションを感じるために必要な人間関係の鼓動に敏感にならなくてはならない。交通システム、社会学的推論、新素材、新技術は、まだ認識されていないが、人間の欲求の核にしっかりあるお告げのようなものを得るために必要な絶対的信頼関係の鼓動に仕える存在である。

New spaces will come only from a new sense of human agreements — new agreements which will affirm a promise of life and reveal new availabilities and point to human support for their establishment.

新しい場所は、新しい人間の合意によってのみ実現する — 生活を約束し、必要とされる人を生み、そして様々な「公共の場」の設立に必要な相互援助へ向かうであろう新たな合意。

I realized in India and Pakistan that a great majority of the people are without ambition because there is no way in which they are able to elevate themselves beyond living from hand to mouth, and what is worse, talents have no outlets. To express is the reason for living. The institution of learning, of work, of health, or recreation should be made available to all people. All realms of expression will be opened. Each singularity will express in his way. Availabilities to all can be the source of a tremendous release of the values locked in us of the unmeasurable in living; the art of living.

インドやパキスタンでは大多数の人が野心を持たない。なぜならその日暮らしから抜け出す術が全く無く、さらに悪いことに多くの才能が埋もれてしまう。自己表現とは生きている証である。学び、労働、健康、娯楽の「公共の場」は、全ての人が利用可能であるべきである。どのような種類の表現形態もすべて受け入れられ、全ての人がそれぞれの方法で表現するだろう。そしてその新しい枠組みの人々は、生活の中に確かにある計ることのできない価値を一挙に解き放つ源になりうるであろう。

One city can distinguish itself from the other by just the inspirational qualities that exist in sensing natural agreements as the only true source of new realizations. In that sense the spaces where it is good to learn, to work and to live may remain unexpressed if their nature is not redefined. It is not just enough to solve the problem. To imbue the spaces with new-found self- quality is a different question entirely. Solution is a “how” design problem; the realization of “what” precedes it.

都市は、新しい気づきの唯一の源である自然な合意を感じる中に存在するインスピレーションのクオリティーによって、他の都市とはっきりと区別することができる。このように考えると、学び、労働、生活の場所の特性を再定義すること無しに、それらを実現することはできないだろう。問題を解決するだけでは十分でない。全く新しいそれ自体の価値でその場所を満たすことは、また違った問題である。問題解決とは、どのような方法でデザイン問題に取り組むかであるが、何に取り組んでいるのかを知ることはもっと大切なことである。

Now a word about inspired technology. The wall did well for humanity. The wall enclosed us for a long time until the man behind it, feeling a new freedom, want to look out. He hammered away to make an opening. The wall cried, “What are you doing to me? I have protected you. I made you feel secure – and now you put a hole through me!” and the man said, “But I see wonderful things, and I want to look out. I appreciated your faithfulness but I feel time has brought change.”

これからインスピレーションから生まれたテクノロジーについて少し話します。壁は人類のためによくやってくれました。人が新しい自由や、外に興味を持ち始めるまでは、壁は我々を長い間囲い守ってくれました。そして、ある時誰かが壁にハンマーで穴を空けたのです。壁はこう叫びました、“なんでこんなことをするのか?今まで安心できるように守ってあげてたのに、ひどい仕打ちじゃないか!”、その人は答えます、”だけどすばらしいものを見たんだ。だから外を見てみたいんだ。今まで守ってくれていたことはとても感謝しているけれど、その時が来たような感じがするんだ。”

The wall was sad; the man realized something good. He visualized the opening as gracefully arched, glorifying the wall. The wall was pleased with its arch and the man carefully made a jamb and a sill trimmed with fine stone. The opening became part of the order of the wall. Consider the momentous event when the wall parted and the column became.

壁はとても悲しみましたが、その人は良いアイデアを思いつきました。壁に空けた穴に美しいアーチを付け、その壁をより良く見せようとしました。壁はそのアーチと手間を惜しまず綺麗な石で縁取られた窓柱や敷居にとても喜びました。そうして、穴は壁になくてはならない存在になったのです。さらに、壁が分かれ、それが円柱となった重大な出来事を考えてみてください。

The world with its many people, each one a singularity, each group of different experiences revealing the nature of the human in varied aspects, is full of the possibility of more richly sensing human agreements from which new architecture will come. The world cannot be expected to come from the exercise of present technology alone to find the realms of new expression. I believe that technology should be inspired. A good plan demands it.

人間の様々な側面を映し出す色々な経験を持った多くの人々、個人、グループが共存する世界には、人間の合意をより豊かに感じられる可能性があり、そこに新しい建築が生まれる。最新のテクノロジーによって新しい表現形態が生み出される世界であってはならない。私は、テクノロジーとは良い計画によってインスパイアされるべきだと確信しています。

A word about Silence and Light. A building being built is not yet in servitude. It is so anxious to be that no grass can grow under its feet, so high is the spirit of wanting to be. When it is in service and finished, the building wants to say, “Look, I want to tell you about the way I was made.” Nobody listens. Everybody is busy going from room to room.

「静寂と光」について一言。建物とは建てられただけではまだ役に立ってはいない。それは、その目的を達することに躊躇なきように心がけ、常にそうあるように志を高く持っている。その建物が役目を終えたとき、こう言うでしょう、”ねぇ、私が何のために建てられたのかみんなに聞いて欲しいんだ。”、でも誰も聞いていません。みんな部屋から部屋に行き来するのに忙しそうです。

But when the building is a ruin and free of servitude, the spirit emerges telling of the marvel that a building was made.

しかしその建物が廃墟となりその目的から開放されたとき、その建物の精神が浮かび上がってくる

Another view of the facade of the pronaos – Giovanni Battista Piranesi

When we think of great buildings of the past that had no precedent, we always refer to the Parthenon. We say that it is a building that grew out of the wall with opening. We can say that in the Parthenon light is the space between the columns – a rhythm of light, no-light, light, no- light which tells the tremendous story of light in architecture that came from the opening in a wall.

私たちが、過去に前例のない偉大な建物を思い浮かべるとき、いつもパンテオンが思い浮かぶ。私たちは、それは壁に空けた穴から生まれた建物であると言います。パンテオンでは、丸柱の間の空間が光であると言えます。それは光のリズム、光、無光、光、無光、壁の穴に由来した建築においての光の途方もない物語を伝えています。

We are simply extending what happened long ago; the beginning may be considered the most marvelous without precedent, yet its making was as sure as life.

我々はただ単に大昔に起こったことを拡げているだけです。起源は前例のない奇跡的なことだったと考えられるが、しかしその実現は生活と同じく確かなものであった。

Light is material life. The mountains, the streams, the atmosphere are spent light.

光とは身体的に感じるものである。光によって、山や河川や空気が感じられる。

Material, nonconscious, moving to desire; a desire to express, conscious moving from shadow to light, meeting at an aura, a threshold where the will senses the possible. The first feeling was of beauty, the first sense was of harmony, of humanity undefinable, unmeasurable and measurable material, the maker of all things.

物質、無意識、欲求への志向;表現への欲求、意識的に影から光へ、オーラでの出会い、意志が可能性へと変わる閾値。最初に感じたのは美しさ、最初の感覚は調和であり、人間性であり、定義不可能で測定不可能な、そして測定可能な物質、全ての創造主。

At the threshold, the crossing of Silence and Light, lies the sanctuary of art, the only language of humanity. It is the Treasury of the Shadows, lying in that ambiance: Light to Silence, Silence to Light. Whatever is made of light casts a shadow. Light, the giver of presence, casts its shadow, which belongs to light. What is made belongs to light and to desire.

静寂と光の境目であるその閾値に、人類の唯一の言語であるアートの聖域がある。それは、光から静寂、静寂から光、その独特の雰囲気の中に存在する影の宝庫である。「存在」に寄与する光は、その影を投げ打つ、それは光の一部である。作られるものは、光と欲求の一部である。

When the astronauts went through space, the earth presented itself as a marvelous ball, blue and rose, in space. Somehow all the things on it, even the great achievements like, let us say, Paris, a great achievement, or London, all disappeared and became circumstantial works. Since I followed it and saw it that way, all knowledge left me as being unimportant. Truly, knowledge is an incomplete book outside of us. You take from it to know something, but knowing cannot be imparted to the next person. Knowing is private. It gives singularity the means for self-expression. Desire is the thing not made, the roots of the will to live.

宇宙飛行士が宇宙へ行ったときに、地球は奇跡の星のように自らを青く光り輝かせていた。なんだか、地球上のすばらしい偉業でさえ、例えばパリやロンドンのような、全てが霞んで、付属的な当たり前なものになった。そのように考えるようになってから、全ての知識はそれほど重要なことではなくなった。事実、知識とは我々の外側にある未完の本にすぎないのです。あなたはその本から何かを知ろうとしますが、「知ること」は隣人と分け合うことはできないのです。「知ること」は私的である。それは自己表現方法を個々人に与える。欲求とは作られるものではなく、生きようとする意志の根源である。

I believe that the greatest work of a person is that part which does not belong to them alone. The discovery of oxygen does not belong to the discoverer. I invented a story about Mozart. Somebody dropped a dish in his kitchen, and it made a hell of a noise. The servants jumped, and Mozart said, “Ah! Dissonance.” And immediately dissonance belonged to music, and the way Mozart wrote interpreting it belonged to him. You cannot deny the great works of art because they are born out of the unmeasureable. The more deeply something is engaged in the unmeasureable, the more deeply it has this lasting value.

私が信じる、人のもっとも偉大な仕事とは、個人に属さないものである。酸素の発見はその発見者のものではない。モーツアルトについて私が創作したストーリーがあります。彼のキッチンで誰かが皿を落としてしまい、ものすごい破壊音がしました。使用人は飛び上がり、そしてモーツアルトは言いました、”あっ!ディソナンス(不協和音)だ。” そして、すぐにディソナンスは音楽の一部になり、モーツアルトがそれを解釈して書いた手法は、彼の一部となった。偉大なアート作品を否定することはできない、なぜならそれは測定不可能なものから生まれるからだ。より深く測定不可能なものとの取り組みをすればするほど、それはさらに深遠な価値を纏うだろう。

Architects must not accept the commercial divisions of their profession into urban design, city planning and architecture as though they were three different professions. The architect can turn from the smallest house to the greatest complex, or the city. Specialization ruins the essence of the revelation of the form with its inseparable parts realized only as an entity.

建築家は、都市設計や都市計画や建築といったあたかも3つの違った職業のように、商業的な仕事の区分けを受け入れてはいけない。建築家は最小の住まいを巨大な複合施設または都市へと変えることができる。専門化することは、実在としてのみ悟られる分けることができない資質を伴った形の気づきの真髄を破壊してしまう。

A word about beauty. Beauty is an all-prevailing sense of harmony, giving rise to wonder; from it, revelation. Poetry. Is it in beauty? Is it in wonder? Is it revelation?

美しさについて少しお話します。「美」とは調和の唯一の感覚であり、驚嘆へと導き、そこから気づきへと導く。詩には美がありますか?驚嘆は?気づきは?

It is in the beginning, in first thought, in the first sense of the means of expression.

それは、始まったばかり、素案であり、表現方法として初めての感覚である。

A poet is in thought of beauty and existence. Yet a poem is only an offering, which to the poet is less.

詩人は美と実在の思考の中に存在するが、詩はその詩人にとって数少ない貢物である。

A work of architecture is but an offering to the spirit architecture and its poetic beginning.

建築物とは、精神建築への貢物であり、そしてその詩的始まりである。

Louis I. Kahn, 24 June 1971

原文: http://ja.scribd.com/doc/56364404/Kahn-1971-AIA-Gold-Medal