Nobu

DIY SUN-PRINT CAMERA 1

Home » BLOG » DAYCRAFT » DIY SUN-PRINT CAMERA 1
Decrease Font Size Increase Font Size Text Size Print This Page

久しぶりに時間がとれたので、前から気になっていた牛乳パックを使ったsunサンプリントカメラcameraを作ることにした。

hairsalon材料は、牛乳パック、黒画用紙、トレーシングペーパー、コピアート紙、レンズ(100均のオペラグラスのレンズ)、厚紙、テープ、のり、あとは必要に応じてribbonデコレーションshine素材。

1. まず牛乳パックを四角い筒になるように上下をカットhairsalon

2. その牛乳パックをのり巻きみたいに、黒い画用紙で巻いて、終わりをテープで留めて牛乳パックよりちょっと外周が大きい黒い筒を作る。(抜き差しが楽にできるように)

3. 黒い筒ができたら、片方はふさいで箱にするので底の部分を作る。今回は黒い画用紙がぺらぺらだったので厚紙で芯を入れてみた。画用紙がしっかりしていればいらない。

4. こんな感じで厚紙の両面に黒い画用紙を貼付けて、テープ付けしやすいように1枚は大きめにカットしておく。

5. ここに100均買ったオペラグラスのプラスチックレンズeyeglassを付ける。適当に真ん中あたりにレンズより小さめの穴をカット。

6. ここで注意eyeは外側にレンズの凸面(盛り上がった方)がでます。

7. 位置が決まったらレンズをテープで留める。

8. トレーシングペーパー(乳白色で光が透ければ何でも良い、ゴミ袋でも大丈夫)を牛乳パックの筒に貼る。ここにレンズから集めた光が画像として映し出される。

9. ほぼ完成。筒型の望遠鏡(コロンブスが使ってたみたいな)みたいに牛乳パックが出し入れできればOK。

10. あとは好きなようにsnailデコレーションcloverして完成!

このカメラのフイルムで使うコピアート紙、http://netshop.too.comで買いました。

良い天気sunだし、近くの橋の上から東京スカイツリーを撮りに行くことに決定。(Tamにはモスfastfoodのポテトを買ってやるから、ということで交渉成立notes

牛乳パックの筒を出し入れしてピントを合わせると、こんな感じでトレーシングペーパーに景色が上下逆さまに投影されます。

ピントが合った位置をマスキングテープで目印をつける。

あらかじめ適当なサイズに切ったコピアート紙をトレーシングペーパーの上にセットして、黒い画用紙の筒へピントが合った位置まで戻す。

構図を決めた位置に戻し、風で飛ばされないようにテープで固定。

橋の上でダンスnotesをしながら、待つこと25分。Yukはこの間に約束のモスポテトを買いに行ったrun

頭の中ではこんな感じの写真が撮れていると思い描いて、ワクワクsmileしながら家に帰った。

撮ってきたコピアート紙はアイロンなどで熱を加えると白黒ならぬ白青のイメージがでてくる。

ラミネーターでやると簡単だとネットで調べたら出てきたので、最近全く使ってなかったラミネーターに活躍してもらうことにした。

ここでうまく撮れた写真を載せたかったのだけれど、どうやら感光時間が長過ぎて真っ白けになってしまったshock。しようがないので家の前の公園で10分、15分、20分と感光時間を変えて撮ったのだけれど、今度はラミネーターに用紙が詰まってしまい断念crying

憂さ晴らしに3人でクルクル寿司に行きました。(Tamは納豆巻きしか食べないけれど)

くやしいbearingので、またリベンジします。

[ad#below-post]